フリーランスエンジニアの結婚事情

フリーランスエンジニアの幸せな結婚について考える

フリーランスと会社員の生活リズムの違いが原因で結婚生活にヒビが入ることも

SPECIAL TOPICS

ABOUT ME

結婚できないかもしれないと諦めていたフリーランスエンジニアですが、結婚できました。無事、結婚生活4年目をむかえます。

働き方による生活リズムの差異

働き方による生活リズムの差異

フリーランスという働き方は、サラリーマンのように就業時間をきっちりと管理されてしまう形で仕事をしている人から見ると、「自由気まま」に思えるのかもしれません。しかしフリーランスというのは、仕事があってもなくても固定給が入ってくるサラリーマンとは違い、仕事を受注しなければ収入になりません。そのためフリーランスはヒマなように見えて、実はヒマではないのです。

フリーランスのスケジュール

フリーランスの仕事は、実際の仕事に取り掛かっている間は、納期に仕事さえ完成すれば、徹夜も自由ですし、お昼に何時間出掛けようとも自由です。もちろんフリーランスはクライアントから仕事を受注しなければ生活できませんから、クライアント次第で休日を定期的に取ることが出来る場合もありますが、舞い込むチャンスを逃すまいと、基本的に1日24時間年中無休の場合も少なくありません。また収入が比較的安定している人であっても、仕事が突然入ることもあれば、突然キャンセルになることもあるのです。クライアントに合せてスケジュールを変更することは日常茶飯事であるため、時間に縛られないように見えて、案外自由にならないこともあるのです。フリーランス同士であれば、このあたりの事情がお互いによく分かっているのですが、サラリーマン経験しかない人との間では、誤解が生じるかもしれません。そこで会社勤めの女性がフリーランスの男性と付き合う場合など、戸惑う場面があるようです。例えば男性からのデートのお誘いも、余程前もって仕事を入れないように配慮していない限り、「今日の晩」あるいは「今から」といった誘い方をされるかもしれません。これは突然思いつきで誘われたように感じられるのかもしれませんが、フリーランスとしては突然時間が空いたのでラッキーというだけのことであり、それだけ予定が立てられないためなのです。あるいは平日の昼間からお茶に誘われるといったこともあり、仕事が無くてヒマなのかと、勘繰ってしまいます。しかし打ち合わせなど相手のある仕事ではない限り、フリーランスは一日のうちのどの時間帯を仕事に割り振っても良いため、平日の昼間に出掛けるのも誰の目を気にすることもありません。

フリーランスの生活リズム

そして例えば夜勤をする看護師や警備員などが、生活リズムを仕事に合せて作り上げているように、フリーランスも個々に生活リズムを作っています。もちろんクライアントあってのフリーランスなので、クライアントに合せるのはもちろんなのですが、会社の上司のように管理する人がいない分、自己管理が大切です。体が資本であって他に代わりがいないフリーランスが体調を崩してしまうと、クライアントに迷惑がかかるばかりか、その後の仕事にも差し障るのです。

PICKUP TOPICS

収入の差による亀裂

収入の差による亀裂

簡単に出来る青色申告

簡単に出来る青色申告

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

to TOP

try

Copyright © 2015 フリーランスエンジニアの結婚事情 All Rights Reserved.