フリーランスエンジニアの結婚事情

フリーランスエンジニアの幸せな結婚について考える

パートナー選びは、フリーランスエンジニアの結婚においてもっとも重要なポイント

SPECIAL TOPICS

ABOUT ME

結婚できないかもしれないと諦めていたフリーランスエンジニアですが、結婚できました。無事、結婚生活4年目をむかえます。

フリーランスエンジニアのパートナー選びの重要性

フリーランスエンジニアのパートナー選びの重要性

結婚できないことに頭を悩ませているフリーランスエンジニアは少なくないと思います。つい、「結婚すること」が目標になってしまいがちですが、結婚相手を選ぶことは、その後何十年も続く人生の日常生活を共に生きる相手を選ぶことです。それまで別々の人生を生きてきた二人が一緒に暮らしていくのが結婚生活です。結婚生活を維持することは、結婚することよりもずっと難しいことかもしれません。フリーランスエンジニアが結婚相手を選ぶときに考えた方が良いポイントについて考えてみました。

フリーランスエンジニアのパートナー選びの重要性の記事一覧

フリーランスは結婚相手を見つけにくい?

フリーランスは結婚相手を見つけにくい?

フリーランスは一般的に高収入でありながら生活が安定しない一方で、サラリーマンは収入面では見劣りしても安定した身分が手に入ると言われてきました。しかし近年の不況によってサラリーマンといえども安定した身分とは言えなくなっており、フリーランスが結婚相手として不利と一概には言えなくなっています。むしろ実力次第で稼ぐことが出来て、時間の融通が利きやすいフリーランスを積極的に結婚相手に選ぶ女性もいるのです。特に自営業や会社経営者の家庭に育ってお金は二の次という価値観を持っていたり、女性自身が専門職などフリーランスと価値観を共有することが出来る場合などです。

収入の差による亀裂

収入の差による亀裂

フリーランスと会社員というように、仕事の仕方に違いのあるカップルが結婚すると、お互いに不満が生まれた時に、ついつい収入の差や責任の違いなどを引き合いに出してしまうことがあるようです。そもそも仕事を制限したり休日を合わせたりというように家庭内のルールを決めたのは、お互いに協力し合うためだったはずです。にもかかわらずお互いに不満をうまく言い表すことが出来ずにいると、どんどん亀裂が深まってきてしまうのです。そのため言葉の表面上の意味に囚われることなく、相手の真意がどこにあるのかを推し量ることも大切です。

働き方による生活リズムの差異

働き方による生活リズムの差異

フリーランスとサラリーマンとでは、時間に関する感覚が異なるでしょう。サラリーマンが会社に決められた通りの就業時間を守れば良いのに対して、フリーランスの多くは年中無休で営業しています。もちろんクライアントからの仕事の受注が無ければ収入にならないので、スケジュールの変更は日常茶飯事ですし、ヒマな時間には営業をするなど、基本的にヒマも休みもないのです。その一方で突然仕事がキャンセルになって時間が出来た場合などには、フリーランスの男性にとってデートのお誘いも自由なため、会社勤めの女性が面食らうことになるのです。

PICKUP TOPICS

収入の差による亀裂

収入の差による亀裂

簡単に出来る青色申告

簡単に出来る青色申告

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

to TOP

try

Copyright © 2015 フリーランスエンジニアの結婚事情 All Rights Reserved.