フリーランスエンジニアの結婚事情

フリーランスエンジニアの幸せな結婚について考える

結婚生活を充実させるには、レバテックフリーランスを使ってお金も時間も有効に

SPECIAL TOPICS

ABOUT ME

結婚できないかもしれないと諦めていたフリーランスエンジニアですが、結婚できました。無事、結婚生活4年目をむかえます。

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

フリーランスには、実際に受注した仕事を完成させるだけではなく、その他にも目に見えないながら時間やコストをかけなければならない部分があります。例えば税務申告や営業や雑務など、会社勤めであれば他の部署が一手に引き受けていたような仕事も、フリーランスであるが故に基本的には自分でこなさなければならないのです。

誰にとっても1日は24時間しかない

会社勤めであれば、会社の規則で定められている就業時間だけ拘束されていれば、その後に何をして過ごそうが、基本的に自由です。もちろん業種によっては就業時間で仕事が終わるなど奇跡以外の何物でもなく、残業に次ぐ残業で休日出勤もいつものことというぐらい過酷な労働環境にある場合もあります。その点フリーランスは、基本的には自分で比較的自由にスケジュールを管理出来ます。朝何時に起きて、何時から仕事を始めようが、夜何時に仕事を終えようが、あるいは深夜に仕事をして昼夜逆転しようが、クライアントとの契約で仕事の質が求められるレベルに達しており、予算内で納期までに無事完成すれば、それで良いのです。しかし現実にはクライアントの事情次第で、スケジュールが変更になるのは日常茶飯事ですし、仕事が突然キャンセルになったり、あるいは突然急ぎの仕事が入ったりと、不確定要素が大きいのもフリーランスの特徴です。そのような状況で、誰にも平等に1日が24時間しかないということは、他の人の手に委ねる方が良い場合には、出来るだけ他の人の手に委ねるということも考えてみるべきでしょう。雑用や慣れない仕事に振り回されて思わぬ時間を食う代わりに、対価を支払ってその分自分が得意な仕事に専念出来る時間を増やすということは、決して悪い取引ではありません。

フリーランス向けの専門エージェント

ITエンジニアの場合、スキルと知識には自信があってフリーランスになったとしても、営業が苦手という例は少なくありません。もちろん実力第一の世界ではありますが、それでもフリーランスとして仕事を受注するためには、発注してくれるクライアントに辿り着かなければ始まらないのです。この点ITエンジニアが業界でも慢性的に人材不足の状態であるということもあって、専門のエージェントが活躍しています。@Agent改めレバテックフリーランスでは、転職のための求人・求職情報も提供していますが、主力はフリーランスとクライアントとのマッチングです。IT業界においてエンジニアがフリーランスの場合、下請けどころか孫請け、ひ孫請けという形で、酷い中間搾取が横行しているようです。しかしレバテックフリーランスは、クライアントとフリーエンジニアを直接仲介するため、結果として高い報酬をフリーランスが受け取ることが出来るのです。

レバテックフリーランス
レバテックフリーランス

Web案件が多いレバテックフリーランス

ITエンジニアでも、特にWeb系に強いエンジニアであれば、ぜひレバテックフリーランスを活用するとよいでしょう。今トレンドのアプリ開発からSaaS系システム開発などのWebシステム開発案件が毎月150件以上も更新されています。フリーエンジニアの方は要チェックです!!

PICKUP TOPICS

収入の差による亀裂

収入の差による亀裂

簡単に出来る青色申告

簡単に出来る青色申告

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

フリーエンジニアならレバテックフリーランスで収入UP

to TOP

try

Copyright © 2015 フリーランスエンジニアの結婚事情 All Rights Reserved.